お供の犬?

ちょっと早いけど

子供の日(端午の節句)

DSC04954.jpg


普通お供のワンコは、柴犬や紀州犬のような立ち耳の和犬を想像します。

でもこのワンコは垂れ耳で白いラブのよう。

おまけに手を差し出して「きび団子下さい」って言ってる。

フレッドみたいで思わず買ってしまいました。



DSC04950.jpg


そして・・・

このコは?


DSC04953.jpg



散歩にお供をさせる人を待っています。





DSC04951.jpg



遅いなぁ~




DSC04952.jpg


なんならお母さんをお供にしてあげてもいいよ~

きび団子はないけど・・・



お土産

「はっ!誰?」


DSC04939.jpg



赤に黒のブチブチのある眼つきの悪いカエル。

おとーさんが「ルビーにお土産」といって袋から出した時には

一目見て「さぶいぼ」が出ました(笑)



DSC04940.jpg


ルビーは気に入ったようです。


良かったね、おとーさん。


クゥーちゃん

道路の雪はだいぶ消えました。

滑らないから散歩も楽です。


DSC04935.jpg


ルビーが見ている先には

クゥーちゃん(ゴールデン男子)が・・・

吠えられてルビーは腰がひけています。



DSC04936.jpg


仲良くしたいんだけどなぁ~

春眠

朝ごはん食べたらまたひと眠り~



DSC04923.jpg



キツネ目で寝ています。




DSC04922.jpg



ラブの出てくる小説

久しぶりに読んだデボラ・クロンビーの警視シリーズ


捜索救助犬のフィンは黒ラブ。

表紙の、シェパードはトッシュ。



警視の挑戦


『キーランがボートとロープをつかむと、フィンは飛びのった。 ラブラドール特有の笑顔を見せる』

その光景が目に浮かびます。